MUTOストールができるまで Muto's Know-How


ここでは武藤のスカーフがどのような工程を経て作られているかをお伝えしたいと思います。

Let us show you how to produce Muto's scarves.

整経(Sei-kei : Warping)

整経とは織物に必要な経(たて)糸の束を用意する工程です。

必要な経糸の分だけチーズ(小さく巻かれた糸)やボビンを用意し、

それをその織物毎に必要な 本数 長さ 幅 密度 色の配色 に基づいて巻いていきます。

 

左の機械は荒巻整経機と呼ばれ、一度に大量の経糸を用意するのに適しており、量産用と言えます。

 

Sei-Kei is to prepare the warping threads for weaving.

Put bobbins on the cones as much as we need, and wind them by basing on the number of threads, length, width, density and color scheme for the weaving.

The machine in this photo is a beam warper, which is best used for mass productions.


織り(Weaving)

武藤の特徴とも言える超極細糸を使った軽いストール生地はとてもデリケートです。

織機のガシャンガシャンという激しい音の中で、本当に少しずつしか織ることのできないストールは私たちの誇りです。

 

MUTO's light scarves weaven with extra-superfine yarn are very delicate, which is one of  the special feature of it.

Our pride is the scarf which is weaven little by little by skilled artisan with boisterous weaving machine's sound.


後加工(Printing, Dyeing)

弊社では製織後のプリントや染めなどの加工にもこだわっています。

その生地の風合いを活かし、製品の価値を高める加工を求めて全国におもむきます。

We are  proud of having many varieties of printing and dyeing.

To find best process of printing and dyeing for our textiles,  we go everywhere in Japan and talk with artisans face to face.


仕上げ(Finishing)